育毛剤 女性 授乳中

MENU

授乳中でも使える育毛剤の特徴は?

女性は出産後3ヶ月〜6ヶ月くらいの期間、ホルモンの影響で抜け毛に悩まされます。
私自身も、出産から2〜3ヶ月経った頃、急に抜け毛が始まり、毎日の入浴の際に自分の抜け毛の量に驚かされた記憶があります。

 

そして、その時に、『このまま新しい髪の毛が生えてこなかったら・・・。』という不安がよぎりました。
そんなときに利用したいのが、やはり育毛剤です。

 

最近では、男性用のみでなく、女性用も種類が豊富になってきています。
しかしながら、授乳中の場合、育毛剤の薬剤が赤ちゃんに影響はないのか、気になることと思います。

 

では、どのようなものが授乳中でも使用可能な育毛剤なのでしょうか。
授乳中に使用可能な育毛剤の特徴として挙げられるのが、『無添加』の商品になります。

 

天然由来の成分でできている製品であれば、やはり赤ちゃんへの影響もなく、安心して使用することができます。
そして、きちんとアレルギーテストが実施されている商品というのも特徴となります。

 

そして、そんな商品の中には、産後の抜け毛用に作られた商品もあります。
そういった商品であれば、産後のママのために作られているので、当然赤ちゃんえの影響も考慮されたものなので、安心して手に取ることができるでしょう。

 

そして、産後特有のホルモンの影響による抜け毛に特化した商品のため、肝心の抜け毛への効果も十分期待できるものとなっています。
授乳中の育毛剤は赤ちゃんへの影響はもちろん、ママ自身の体もデリケートな時期なので、無添加で天然由来成分で出来ている育毛剤を選ぶことが大切です。