育毛剤 女性 副作用

MENU

女性用育毛剤は副作用があるの?

ひと昔前は、薄毛と言えば男性だけの悩みのように言われていましたが、現代では、薄毛に悩む女性も少なくなく、育毛剤を使用している方もたくさんいらっしゃいますま。

 

しかし、男性と女性とでは、薄毛を引き起こすメカニズムが違うため、男性用育毛剤と女性用育毛剤の成分も、異なっています。

 

まず、M字ハゲのような男性の薄毛を引き起こす男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが毛髪の成長を妨げる成分に変化することで発症します。

 

そのため、男性用育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分が多く含まれているのが特徴です。

 

このホルモン抑制には、比較的強い薬剤が使用されることがあり、男性用育毛剤によっては、性欲減退や胃の不快感、頭皮のかゆみなどのアレルギー反応の副作用を引き起こす恐れがあると報告されています。

 

一方、女性の薄毛は頭皮の栄養状態が低下することと、毛髪の寿命を延ばす女性ホルモンが減少することとが、主な原因です。

 

そのため、女性用育毛剤には、頭皮への栄養補給を行う成分、血行促進や頭皮の乾燥防止のための成分、女性ホルモンに似た働きをする成分などが、多く含まれています。

 

男性用育毛剤と違って、女性用育毛剤には、ホルモン分泌に作用するような強い薬剤は使われていないため、強い薬剤による副作用の心配はほとんどないと言えます。

 

しかし、女性は男性よりも頭皮が敏感で刺激に弱い傾向にあるため、体調や育毛剤の使用方法によっては、頭皮を傷つけたり、かゆみを引き起こしたりする恐れはありますので、育毛剤の使用方法や注意事項を守って使用するようにしましょう。