育毛剤 女性 選び方

MENU

女性用育毛剤の選び方

女性の薄毛の原因には産後脱毛や更年期などのホルモンバランスの乱れなど、男性とは違った女性特有の原因が考えられます。

 

男性と女性では薄毛の原因が違う場合があるため、女性特有の原因で薄毛が引き起こされているなら女性専用の育毛剤を使用した方がいいことになります。

 

逆に、男性と同じ原因で薄毛が引き起こされているなら男性用育毛剤を使ったほうがいい場合も稀にあります。

 

ただ単に売れているから、香りがいいからという理由で育毛剤をチョイスしてしまうと薄毛の原因が解消できないため、あなたの薄毛はいつまでたっても改善しない可能性が高くなってしまいます。

 

確実に薄毛や抜け毛をなんとかしたいなら、まずはあなたの薄毛の原因を解消しないとダメなのです。

 

ここではあなたの薄毛の原因とマッチする育毛剤の見極め方をご紹介していきます。

 

 

 

男性の薄毛の原因と女性の薄毛の原因の違い

 

食生活や喫煙など生活習慣で薄毛を誘引してしまうのは男女共通ですが、男性と女性の薄毛の原因には決定的に違うものがあります。

 

それがホルモンに左右される原因です。

 

髪に影響を与えるのは女性ホルモンのエストロゲンで髪の健康を司っていると言っても過言ではありません。

 

髪の成長を促してくれたり、髪の成長期間を持続させてくれるのがエストロゲンの役割です。

 

ここでひとつ注意してほしいのが、男女ともに男性ホルモンと女性ホルモンの両方を備えているということです。

 

男性だからと言って男性ホルモンしか分泌していないワケではないのです。

 

ただしその分泌量は以下のようになります。

 

 

 

【男性の場合】

 

男性ホルモン > 女性ホルモン

 

もともと男性は女性ホルモンの分泌が少ないため女性に比べると薄毛になりやすい環境にあると言えます。

 

 

【女性の場合】

 

女性ホルモン > 男性ホルモン

 

女性が女性ホルモンが優位なのは当然と言えば当然なのですが、この分泌が減少してしまう産後や更年期に薄毛が起こりやすくなっています。

 

女性の産後や更年期という時期は女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になってしまい薄毛が引き起こされているため、女性ホルモンを補うことで薄毛を抑制することが可能になります。

 

女性にはもともと女性ホルモンが備わっているので少し補うことでその効果は出やすく、男性と比べると短期間で薄毛を解消することができるのです。

 

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤を比べた時に、成分数が極端に違うのもこのためで女性の薄毛では女性ホルモンの代替物質成分配合の育毛剤で補うことで相応の効果が出やすいため、男性用の育毛剤ほど成分を入れなくても効果が出るのです。

 

このようにホルモンバランスが原因で薄毛を誘引している場合は女性ホルモンの代替物質が配合されている育毛剤が有効になります。

 

 

 

更年期の薄毛には要注意!

 

更年期の薄毛に悩む女性

 

先ほど女性ホルモンが減少する時期に薄毛になりやすいと言いましたが、産後は一時的に女性ホルモンが減少しても時間が経てば元に戻ります。

 

実は産後の薄毛も時間の経過とともに元に戻ることが多く、薄毛の深刻度としてはさほど大きいものではありません。

 

ただし、注意したいのが更年期や過度なストレスが原因で薄毛を引き起こしている場合です。

 

更年期の女性の身体からは徐々に女性ホルモンの分泌が低下していき、男性ホルモンが優位になり始めます。

 

AGAと呼ばれる男性型脱毛症は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことで生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされますが、更年期の女性の頭皮でも同じことが起こってしまうのです。

 

男性ホルモンが優位になると女性なのに

 

・髭が濃くなる

 

・声が低くなる

 

などいわゆる「女性のオス化現象」が見え始めます。

 

このような症状と薄毛が同時に見られるようなら要注意。

 

産後の女性のような一時的な女性ホルモンの減少ではないため、継続的に育毛剤を使用しなければいけません。

 

さらに男性ホルモンの保有量は人によって違うため、もともと男性ホルモンを多く保有していた人は更年期をきっかけにさらに増えてしまう可能性も!

 

もし上記の女性のオス化現象と薄毛が同時に現れ、男性の薄毛のように頭皮がベタついたりしているなら今すぐに育毛剤を使い始めましょう。

 

更年期の女性ホルモンは減ることはあっても増えることはありませんので、ひとたび薄毛になってしまうとどんどん進行してしまいます。

 

女性用育毛剤の中には男性ホルモンのテストステロンと結合する5αリダクターゼを抑制する成分も配合されていますので、更年期の女性でも女性用の育毛剤で薄毛を回避することができます。

 

 

 

更年期の薄毛に男性用育毛剤の使用はNG?

 

注意

 

更年期にさしかかると女性ホルモンは減少の一途を辿り、逆に男性ホルモンが優位になり始めます。

 

それなら男性用育毛剤を使ったほうが効果あるんじゃないの? と言うと実は一概にそうとは言い切れません。

 

どれだけ男性ホルモンが優位になったとしても、女性の体内で生成される男性ホルモンには限界があるからです。

 

当たり前ですが男性ほどの男性ホルモンを保有しているわけではないので、男性用の育毛剤を使用するよりも女性ホルモンと似た成分を配合している女性用育毛剤の方がより親和性があると言えます。

 

女性ホルモンは髪だけでなく、肌の衰えや自律神経にも影響します。

 

女性が更年期を迎えた時にいかにして女性ホルモンを補うかで薄毛だけじゃなく、毎日の生活にも影響を与えるのです。

 

女性ホルモンが減少したことで薄毛を引き起こしている更年期の薄毛には女性ホルモンを補う成分配合の女性用育毛剤を使用することがベストであり、可能であれば女性ホルモンとよく似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

 

 

 

産後でも更年期でもない女性の薄毛の場合は?

 

上記に挙げた産後でも更年期でもない薄毛の場合はまずその原因を探ってみましょう。

 

細かく挙げればきりがありませんが、食生活の乱れだったりストレスが原因かもしれません。

 

女性の薄毛は男性とは違い、女性ホルモンで守られているため昔から「女性はハゲない」と言われてきました。

 

ですが、女性の薄毛に関係がないと思われている日々の生活の悪癖のほとんどは間接的に薄毛を誘引していると言えるのです。

 

食生活の乱れやストレスが原因で直接薄毛を引き起こすわけではなく、これらの原因で女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまうから薄毛になってしまうのです。

 

日々の生活習慣である偏食や夜更かし、喫煙などもこのエストロゲンを減少させてしまう原因となってしまうため薄毛を誘引していることになるんです。

 

ですので、あなたが産後でもなく更年期でないとしても何かしらの理由で女性ホルモンが減少し薄毛になっているのかもしれません。

 

女性の薄毛の8〜9割はホルモンバランスが乱れること起因するという調査結果からも分かるように、女性にとって女性ホルモンは不可欠。

 

女性用育毛剤には減少した女性ホルモンを補う成分が配合されているものが多いので毎日の食事と併せて使用するようにしましょう!

 

 

 

→ 女性ホルモンを補う成分が配合されている女性用育毛剤はこちら!