育毛剤 女性 副作用

MENU

薄毛の悩みは男性だけでなく、女性にも広がっています。
育毛剤も、男性用だけでなく、女性用育毛剤も多く販売されるようになりました。

 

しかし、女性用育毛剤を使うことで、心配になるのが副作用についてです。
女性用育毛剤は男性用育毛剤と比較すると、刺激となる成分が少ないことで知られています。

 

男性用に多く含まれているミノキシジルを女性に使うと、手足のしびれや頭痛などが起こることがあります。
フィナステリドという成分にも胃の不快感などの副作用があります。

 

どちらも男性ホルモンを抑制することで効果を発揮するので、妊娠中や授乳中の女性が使うことはできません。
女性用育毛剤に含まれていることは、ほとんどありませんが、成分を確認してから使うようにしましょう。

 

女性用育毛剤のトラブルで多いのは、伸ばしていた爪が頭皮を傷つけてしまい、育毛剤の成分が入ることで炎症を起こすというものです。
この場合は、傷口が治るまで使用を控えるようにすればいいでしょう。

 

女性用育毛剤は刺激の多い成分が入っていることは少ないですが、ホルモンのバランスによって普段使っていても異常が出ないのに、赤みやかゆみが出ることがあります。

 

また、成分によってはアレルギー反応が出ることもあるので、初めて使う場合は大量に付けずに、目立たない部位でパッチテストをするといいでしょう。

 

出産後など、体調がすぐれないときは、特に優しい成分でできている育毛剤を選ぶと安心です。