女性の薄毛治療

MENU

女性の薄毛治療

女性の薄毛治療ですが、男性とは違って自分自身の状況に応じて行ってはいけない治療方法があります。

 

例えば、出産後の乳児に対する授乳期に、ミノキシジルが含まれている発毛剤などを使用することが挙げられます。

 

ミノキシジルは使用すると母乳にまで成分が行き渡ってしまいます。

 

ミノキシジルは乳児にとっては有害であるため、絶対に使用するのは止めましょう。とはいえ、産後からしばらくすると産後型脱毛症に悩む女性も増えます。

 

大抵の場合半年から1年で元の髪型に戻りますが、近年は高齢出産の増加や不規則な食生活・ストレスなどの影響でなかなか戻らない人もいます。

 

そこで、ミノキシジルはもちろんですが、人体に有害な物質は一切入っていない女性専用の育毛剤が発売されるようになりました。

 

女性専用の育毛剤はCMなどの大きな広告は出さず、口コミだけで売り上げを伸ばして来た商品が中心のため、その育毛剤が合う・合わないは別になりますが効果があることの実証になるでしょう。

 

また、最近では女性専用の薄毛治療専門外来を始める病院やクリニックも増えています。

 

男性で発症するAGA(男性型脱毛症)だけでなく、女性が発症するFAGA(女性男性型脱毛症)もようやく知られるようになって来ましたが、まだまだ女性が薄毛治療専門外来に行くのには精神的なハードルは高いと思います。

 

そこで、女性のプライバシーを考え、女性でも気軽に通いやすい専門外来が必要となったのです。

 

男性向けの薄毛治療専門外来に比べるとその数はまだまだ少ないですが、女性の社会進出でこれからより強いストレスを感じるようになる女性が増えることを考えると、これからもっと必要となって来るでしょう。