女性の薄毛は男性と決定的な違い

MENU

女性の薄毛と男性の薄毛の決定的な違い

男女間で薄毛には差異があります。

 

男性の薄毛の大半はAGAですが、女性の場合は生活習慣による脱毛症の場合が多いです。

 

生活習慣はもちろん先天的なものでは無いですから、女性の薄毛は男性と比較して遺伝しにくいものと言えます。

 

さて、ここでは女性特有の脱毛症である産後型脱毛症について解説します。

 

要因は妊娠、出産がきっかけとなるホルモンバランスの著しい乱れです。

 

産後女性の実に70パーセントがこの脱毛症に見舞われており、これを防止するのは困難です。

 

ですが、ほとんどのケースで6か月〜12か月前後で元の状態に回復します。

 

産後型脱毛症による薄毛の場合、若いだけあって回復する確率それなりに高いです。

 

しかし「薄毛の化学(日本興業新聞社)」という書籍によれば、3人に1人程度はこの脱毛症から回復するために、何らかの治療行為が必須となってしまっています。

 

この脱毛症からなかなか元々の状態にまで回復しない方が、昨今の高齢者の出産の増加に付随して目立ってきています。

 

もちろん薄毛に該当する年代においても、良くない生活習慣のせいで、回復できない方が増加傾向にあります。

 

いまだに「男性のもの」というイメージも根強い薄毛ですが、今や女性でも無視できない厄介者となってきています。

 

近年では、女性専用ないし女性特化の薄毛治療医院や育毛剤も目立ってきていますので、ネットの口コミや感想等もチェックしつつ、薄毛防止・治療を進めていって下さい。