女性に多い薄毛の種類

MENU

女性に多い薄毛の種類

女性特有の薄毛として、まず挙げられるのは産後型脱毛症です。

 

これは男性に発症することがまずあり得ない、女性が発症する症状になります。

 

よく初めて出産を経験した人が、急激に抜け毛が増えて驚いたという声を聞きますが、これはホルモンバランスの乱れが影響しています。

 

女性は妊娠すると、女性ホルモンの活動が活発になるため、本来のヘアサイクルだと抜け毛になってしまう髪の毛も脱毛せずに維持し、成長を続けるようになります。

 

妊娠の時期に毛深くなったと感じる人もいると思いますが、これは女性ホルモンの影響です。

 

そして、出産をすると女性ホルモンの働きも通常に戻るため、これらの髪の毛の成長が一斉に止まり、いわゆる休止期に入ります。

 

そのため、いつもより多くの抜け毛が出てしまうのです。

 

これが産後型脱毛症になります。産後型脱毛症は一時的な症状であるため、大抵の場合は半年から1年程度で元の髪型に戻ります。

 

しかし、近年では高齢出産の増加や生活習慣の乱れ・ストレスなどの影響により、1年以上経っても元の髪型に戻らないケースも増えて来ています。

 

きちんと日頃からヘアケアを行えば、高齢出産でも元の髪型に戻る人がいますが、若年層でも生活習慣の乱れやストレスが影響して、なかなか元の髪型に戻らない人もいます。

 

また、最近ではFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる、女性版AGA(男性型脱毛症)も注目されるようになって来ました。

 

こちらは加齢と共に進む女性ホルモンの減少により、女性にもある男性ホルモンがジヒドロテストステロンとなって発症するものです。

 

男性のように禿げ上がることはなく、発症する年代から女性の若ハゲの原因としては考えにくいものの、生え際が後退するなどの症状を発症してしまいます。

 

日頃の食生活の見直しやストレスを溜め込まないような生活習慣を送る心掛けが必要です。