女性が薄毛になる原因とは?

MENU

女性が薄毛になる原因とは?

女性の若ハゲの要因の大半は、生活習慣にあります。例えば乱れた食生活や寝不足などです。

 

そして毛髪を後方に縛っていれば牽引性脱毛症になりやすくなりますし、産後は産後型脱毛症(産後脱毛)になりやすくなります。

 

また、行き過ぎた染髪、パーマなども脱毛の要因となります。こうしてみると女性ならではの要因も多々ありますね。ここでは、女性に見られる若ハゲの要因を紹介します。

 

まずは、ヘアスタイルによるものです。幾度となく染髪したりパーマをかけたり、常時毛髪を後方で縛っていると、毛髪に負荷がかかり、その内多大な被害として現れます。

 

毛髪周期が狂いますし、頭皮に負担が蓄積し、血流が悪化したり炎症が生じたりする可能性もあります。

 

そして脱毛が起きやすくなったり、毛髪が細くなったりするのです。行き過ぎたヘアスタイルや、カラーリングは止めましょう。

 

次は産後脱毛についてです。年齢を問わず、産後の女性の70パーセント前後が産後脱毛になっているという調査結果が物語っている通り、この脱毛症を防ぐのは困難です。

 

ちなみに、最大の要因は妊娠による女性ホルモンの増加です。女性ホルモンの増加は一見良さそうですが、抜けなければならない毛髪までもが抜け辛くなるため、毛髪周期がおかしくなってしまうのです。

 

そして出産後は、一転して女性ホルモンが減って脱毛が一気に起きてしまいます。これこそが産後脱毛のメカニズムなのです。

 

以上のように、男性の若ハゲとは異なる要因が多々あるのです。

 

ちなみに、女性にはFAGAという男性がかかるAGAの女性バージョンがありますが、これは中高年代から閉経する年代の女性に多い脱毛症ですから、若ハゲの要因には大抵の場合該当しません。