増加している薄毛の女性

MENU

増加している薄毛の女性

最近は女性の薄毛が増加しており、それに伴い女性の薄毛も増加しています。国内の女性の薄毛人口は約600万名と見られており、これは国内の女性の約1割に当たります。

 

ちなみにこれが男性となると、約1300万名となり、男性の5割前後の女性が薄毛で苦しんでいるという算出になります。

 

そして、この薄毛人口の内の25%程度が生え際の後退で苦しんでいるという事が近年の調査で判明しています。

 

また、女性の薄毛の割合は年々増えています。そして薄毛(大抵、20〜30代の薄毛の事を指す)人口も増えています。

 

薄毛の方の中には10代後半の方もおり、若年層の女性にとっても薄毛と無縁とは言えない状況になってしまいました。

 

さて、薄毛の主な要因は行き過ぎた減量、洗髪、パーマ、そして生活習慣の乱れやストレスなどです。

 

行き過ぎた減量をすればストレスが溜まりますし、減量が上手くいかなければもっとストレスが蓄積し、脱毛が目立ち始め、その事でさらにストレスが蓄積します。

 

このような減量が絡んだ負のスパイラルには、気質上、女性の方が嵌りやすいです。行き過ぎた減量は避けて、ストレスが蓄積されにくい状況を整えつつ適度な減量を行いましょう。

 

また減量以外にも、仕事のストレスがあります。働く女性が増加しておりますから、社会情勢的に仕事のストレスに関する男女差が減っていますし、この先もどんどん減っていくと見られています。

 

ストレスが無い生活は送れませんから、ストレスを適度に発散して、薄毛に陥らないようにする必要があります。