切れ毛とその原因について

MENU

切れ毛とその原因について

切れ味とはキューティクルが髪の毛を守れていない為に起こり、髪の毛が横に切れている状態の事です。

 

切れ毛の原因は色々ありますが、大きな原因の1つは女性ホルモンです。

 

女性ホルモンの影響により、切れ毛が起こります。人間には男性にも女性にも女性ホルモンがあります。

 

この女性ホルモンは髪の毛を育てる為に必要な物です。

 

その為、この女性ホルモンの分泌が乱れると髪の毛が弱くなります。

 

そして切れ毛へと繋がります。女性ホルモンは年齢とともに減少していきます。

 

その為に男性は年齢とともに、抜け毛が多くなる場合があります。

 

女性ホルモンの減少を補う事で髪の毛も守られていきます。また他の原因としてパーマやカラー、髪の毛の栄養不足などのダメージによる影響があります。

 

髪の毛の表面を守っている物がキューティクルです。このキューティクルが正常に働いている時には髪の毛の水分やタンパク質を守り、紫外線や外からの刺激から守ってくれます。

 

しかし、髪の毛がダメージを受けるとキューティクルが剥がれます。その為、髪の毛の成分がなくなり、髪の毛が弱くなります。

 

そして弱くなった髪の毛が途中で切れてしまい、切れ毛に繋がっていきます。

 

また切れ毛は栄養不足や血行不良のために、髪の毛が悪い状態になります。

 

その状態が抜け毛にも繋がっていきます。年齢とともに女性ホルモンも減少し、崩れやすくなります。

 

また、外からの刺激も受けやすくなります。それらが切れ毛へと繋がるので、まずはその原因を防ぐ事が大切です。

 

女性ホルモンを正常に保つ為に正しい食生活や、足りない物をサプリメントで補ったりする工夫が大切です。

 

また、髪の毛は紫外線から1番近い場所で刺激を受けてしまいます。

 

日焼けによる髪の毛へのダメージは大きく、髪の毛の乾燥の原因にもなります。

 

その乾燥が切れ毛の原因にもなるのです。女性ホルモンの減少を防ぎ、外からの刺激を予防して、少しでも切れ毛の原因を減らしていく事が大切です。髪の毛にとってよい状態を保ちたいですね。