ノコギリヤシの薄毛・抜け毛予防の効果

MENU

ノコギリヤシの薄毛・抜け毛予防の効果

頻尿に効くイメージの強い「ノコギリヤシ」は、実は抜け毛や薄毛にも効くと見られています。

 

まず、ノコギリヤシそのものについてです。ヤシ科のハーブに分類され、その葉っぱの形から国内ではノコギリヤシと名付けられました。

 

元来は北アメリカ原産の植物であり、先住民族たちは、古来より利尿、強壮、鎮静などの薬として重宝していました。

 

その効果が有名になって需要が高まり、ヨーロッパで研究が進められ男性にピッタリの薬である事が分かったのです。

 

サプリや薬で用いられているのは実の部位であり、脂成分も多く入っています。

 

油成分には、発がん性物質を抑制可能な抗酸化効果を持つサラダ油で有名な「オレイン酸」や、悪玉コレステロールを抑制する「オクタコサノール」「β-シトステロール」などがメインで入っています。

 

これらが、血管の疾患、つまり高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防止してくれます。

 

ここで着目すべきなのが「β-シトステロール」です。抜け毛や薄毛は「男性ホルモンの狂い(増加)」が要因で発生します。

 

その男性ホルモンの「5α還元酵素」を抑制する効果を持っているのが、このβ-シトステロールという成分なのです。

 

ノコギリヤシが男性ならではの頻尿や前立腺肥大の解消に有効なのは、ホルモンバランスを安定させるからであると見られています。

 

抜け毛や薄毛もホルモンバランスの狂いから生じる「毛根が皮脂の余剰発生により衰える」という問題が要因です。

 

ノコギリヤシは5α還元酵素を抑制する事でホルモンバランスを安定化させ、頭皮環境を良化します。

 

これが、抜け毛や薄毛に有効なノコギリヤシの威力なのです。

 

そして大方の世間のイメージと異なり、ノコギリヤシは女性にも非常に役立ちます。

 

女性は男性ホルモンが増えると、皮脂の余剰発生が起き、生理不順や頭皮を含む肌トラブルに発展します。

 

そこで、ノコギリヤシを摂って男性ホルモンを抑制して、女性ホルモンを優位にする事が好ましくなるのです。

 

抜け毛や薄毛に苦しんでいるのであれば、女性でも挑戦する意味は十二分にあります。

 

以上のようにノコギリヤシは男女関係なく、抜け毛や薄毛を防止し頭皮の環境を良化し、育毛のサポートしてくれる非常に強力な成分なのです。