MENU

 

私は現在30代後半の一児の母で結婚前は10年ほど美容師をしていましたが現在は在宅ワーカーをしています。

 

つい最近、ママ友の家で話をしていた時に、突然こんな悩みを相談されました。

 

薄毛に悩む女性

 

わたしさあ、実は最近抜け毛がひどくって、髪が薄くなってきたのよね。だから育毛剤を使おうと思っているのよ。。。


 

 

彼女は私よりも3つ年上の40代前半で、育毛剤を使おうと思った理由には、こんな悩みを持っていたからでした。

 

  • 30代半ばから、髪のハリやコシがなくなった感じがしていた
  • 二人目を産んでから急に抜け毛が増えた
  • 最近とくに頭頂部のボリュームが激減しているのが気になる
  • 白髪を隠すための白髪染めも髪にダメージを与えてるのではないか

 

で、どんな育毛剤を使おうと思っているのかを聞いてみたんですが、

 

愕然とする女性

 

その育毛剤じゃ使う意味が全然ないよ!


 

思わず私、こう言ってしまったんですね

 

美容師時代にも、こんな薄毛の悩みってよく相談されたんですが、女性って髪型は気にするくせに薄毛に関しては結構無頓着なんですよね。

 

まあ、雑誌なんかでもヘアケアの情報はあっても、薄毛ケアの情報はホント少ないからしょうがないですけどね。

 

だけど、元美容師の立場から言わせてもらいますが、

女性は30代半ばを過ぎた頃から、徐々に薄毛になっていく

 

進行具合は個人差はありますけど、こう思ってた方が間違いなくいいです。

 

男の人のようにハゲ上がったりするわけじゃない代わりに、男性よりも高い割合で薄毛という現象が起こってしまうんです。

 

ママ友が気になっていた悩みは正に薄毛の兆候で、彼女が育毛剤を使おうと思った選択は決して間違ってなかったんです。

 

じゃあ、何が間違っていたか。

 

それは、


女性の薄毛の原因に対して効果の大きい育毛剤


をセレクトしてなかったからなんですね。

 

そういう私も、まだ薄毛や抜け毛の目立った兆候があるわけではないですが、35歳を過ぎた頃から育毛剤を使っています。

 

その際、育毛剤を使うにあたって色んな育毛剤の成分を調べましたが、薄毛対策として使う価値があると感じたのは3つだけでした。

 

まずは、その3つの育毛剤を、なぜ良いと感じたか私の解説付きで紹介します。

 

それぞれの育毛剤の違いがわかるように、総合評価で順位をつけてランキング形式でお伝えして参りますので、まずは御覧ください!

 

元美容師が選んだ厳選女性用育毛剤BEST3

 

 
マイナチュレ

980円訴求バナー


マイナチュレの総合評価

 

マイナチュレのレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,745円+送料
●定期コースの場合 初回980円

(2回目以降は4,457円)

製品特長

●厚生労働省も認めた充実成分
●サラサラべたつきのない使用感
●毛髪診断士の相談サポートあり
●全額返金保証180日(6ヶ月間)


マイナチュレのポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
女性用育毛剤としては、現在唯一、発毛への有効成分と言われるM-034という海藻成分が入っているのがマイナチュレです。

抜け毛や弱っている髪を元気にする事だけでなく、既に抜け落ちてしまった毛穴から新たな髪が生えてくる働きをしてくれる育毛剤

抜け毛と薄毛対策の両方を兼ね備えた育毛剤として、また継続して続ける事を考えてもコスパも良いため総合第1位としました。


>> マイナチュレの販売ページはこちら


 

 

 
ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤


ベルタ育毛剤の総合評価

 

ベルタ育毛剤のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,980円+送料
●定期コースの場合 初回3,980円

(2回目以降は4,980円)

製品特長

●業界最大級56種類の成分量
●売上・満足度・人気度第1位(2016年統計)
●BELTA社員の電話サポートあり
●全額返金保証90日(3ヶ月間)


ベルタ育毛剤のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
年齢とともに硬化していく頭皮ケアを第一に考えて、これからの薄毛・抜け毛を予防するいう点で使うのであれば、頭皮への浸透力に定評のあるベルタはピッタリです。

ただ、すでに薄毛症状が見られている方には、やや発毛促進という点でマイナチュレより差を感じるため、ここでは第2位としました。


>> ベルタ育毛剤の販売ページはこちら


 

 

 
花蘭咲(からんさ)

花蘭咲


花蘭咲の総合評価

 

花蘭咲のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 初回2,400円

(2回目以降は7,000円)

●定期コースの場合 初回2,400円

(2回目以降は4,800円)

製品特長

●有効育毛成分「エビネ蘭」配合
●50代以降に圧倒的な支持
●全額返金保証45日(1ヶ月半)


花蘭咲のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
花蘭咲は成分量こそ、他の2つの育毛剤に比べると少ないですが、注目すべきは専門家からも認められた育毛有効成分である「エビネ蘭」というエキスが配合されていること。

CMの通販から認知度が広がっているため50代以上に圧倒的に支持されている育毛剤ですね。

成分量やサポート面で総合評価としては第3位としましたが、お試しで単発購入するにはコスパが非常に良いので、私は使ってみようかなと思っている育毛剤です。


>> 花蘭咲の販売ページはこちら


 

女性が薄毛になる原因って?

 

女性の薄毛に効果の大きい育毛剤を使いましょう、という事で私も実際に使っている育毛剤を含めて3つ紹介しました。

 

この話をママ友にもしたんですけど、

 

愕然とする女性

 

じゃあ、そもそも女性の薄毛の原因ってなんなのよ?

 

男の人みたいにハゲるわけじゃないんだから全然違うんでしょ?


 

と、女性が薄毛になる原因っていうのが今ひとつ腑に落ちなかったようなんですね。

 

ここら辺が納得すれば、なぜ自分が使おうとしていた育毛剤が意味がないものだったのか、

 

そして、私がこの3つの育毛剤を紹介した理由も分かると思ったので、以下の話を詳しく説明していきました。

 

女性の薄毛の原因@びまん性脱毛症(女性ホルモンの乱れ)

 

女性の薄毛で最も多いのがびまん性脱毛症で女性の薄毛人口の7〜8割と言われています。

 

このびまん性脱毛症は、男性の薄毛の原因と言われる男性型脱毛症(AGA)と同じで、

男性ホルモンが5αリダクターゼという脱毛酵素と結びついてジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質を作ります。

 

このDHTが正常なヘアサイクルを乱すことによって薄毛になってしまうというのが近年の研究で明らかになっています。

 

そのため、男性のAGAに対してびまん性脱毛症のことをFAGA(Fは「female=女性」の略)と言ったりします。

 

ただ、女性の身体は女性ホルモンがメインです。この女性ホルモンのエストロゲンという物質は髪を成長させる役割を持っていますが、

女性はこのホルモン量が多いため、男性のようにハゲ上がる事は基本的にありません。

 

その代わり、加齢によって女性ホルモンが減少すると髪1本1本が細くなって全体的にボリュームが減りはじめます。

 

それでも女性ホルモンの量が男性ホルモンに比べれば圧倒的に多いため、基本的にはゆっくりと薄毛が進行していきます。

 

ただし、更年期以降になるとホルモンバランスが乱れる上に、加齢とも重なるため、一気に髪が薄くなったように感じることもあります。

 

また、出産によってもホルモンバランスが乱れ、同様の脱毛症を引き起こす事があります。

 

これらはほとんどが一時的なもので、一定期間を経過すれば元に戻りますが、

中には、これからがきっかけとなって薄毛が進行してしまうという例もあります。

 

女性の薄毛の原因A生活習慣

 

生活習慣は男女共通の原因と言われているものです。

 

具体的には以下のような事が薄毛と関係しています。

 

食生活による髪や頭皮への影響

 

脂っこいものやアルコールを摂りすぎる、逆に過度なダイエット等、偏った食事によって栄養が不足することで髪や頭皮に栄養が行き渡らなくなる。

 

タバコによる髪や頭皮への影響

 

タバコに含まれるニコチンによって、悪玉コレステロールの増加やビタミンCを壊されてしまうことによる栄養不足。

 

そして喫煙によって血管の収縮によって血行不良を起こすため、頭皮の血流が悪くなってしまう事で髪の発育は鈍くなってしまいます。

 

厚生労働省の調査では、男性の喫煙率は平成元年の55.3%から32.1%と大幅に減っているものの、女性は9.4%から8.5%と0.9%しか減っていません。

 

特に女性ホルモンのバランスが乱れはじめる40代・50代の喫煙率が15%と高くなっていることから、薄毛への影響が見られると言われています。

 

ストレスによる髪や頭皮への影響

 

現代病として何かにつけて言われるストレスは髪や頭皮にも悪影響を及ぼすと言われています。

 

ただ、ストレスそのものが原因と言うよりは、ストレスから熟睡できなくてホルモンバランスの乱れを引き起こしたり、

食生活に影響したりすることによるものが女性の場合は特に影響が大きいと感じますね。

 

ヘアケアによる髪や頭皮への影響

 

女性は男性に比べると、この影響が結構大きいというのが、元美容師としては感じる所です。

 

具体的には、

 

  • 洗髪不足、ケア不足
  • カラーやパーマの頻度が多い、そのケア不足
  • 髪型の頻繁なチェンジ

 

など、日頃から女性は髪や頭皮へダメージをかけ続けている傾向にあります。

 

カラーやパーマ液は昔に比べると格段と成分が優しくなりましたが、そうは言ってもダメージがゼロになることはありません。

 

生活習慣の原因の中では、女性はこの原因が一番強いと言ってもいいかもしれません。

 

女性の薄毛の原因B遺伝的要素

 

両親に外見や性格等が似ている時、「遺伝だね」って言ったり、言われたりしますよね。

 

今ではこの遺伝の研究がどんどん進んでいて、

 

2005年にドイツのボン大学の研究チームが「ハゲの遺伝子」を発見した事を発表して話題になりましたが、

実際の所、まだどの遺伝子が薄毛に関係しているのかははっきりしてはいません。

 

特に女性の場合は、男性のようなハゲかたはしないので、毛量や髪の質が父方または母方に似ている位の判断しかできないというのが現状です。

女性の薄毛の原因Cその他の原因による脱毛

 

精神的な影響により発症してしまうと言われる円形脱毛症や抗がん剤といった薬の影響による脱毛で、こちらも男女共通の原因になります。

 

女性特有なものと言えば、最近様々なシーンで活用されるようになった経口避妊薬(ピル)によるホルモンバランスの乱れがありますね。

 

こうしたものに関しては、育毛剤を使っても改善はできず、原因の元になっている疾患や薬の使用を止めれば脱毛症状も回復してしまう事が特徴です。

 

育毛剤は薄毛の原因をしっかりと理解した上で正しい商品を選ぼう!

 

説明する女性

 

このように女性が薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。

 

しかし、遺伝のように原因が曖昧なものや別の疾患や薬による脱毛に関しては、元になっている原因を取り除かない限り薄毛が改善されることはありません。

 

そのため、女性の薄毛の原因の90%以上は、「びまん性脱毛症(女性ホルモンの乱れ)」と「生活習慣」から来るものとなります。

 

さらに、生活習慣による影響が、ヘアサイクルをさらに乱す原因となっている事も上記を見ればお分かり頂けるでしょう。

 

こうして考えていくと、あなたが育毛剤を選ぶ時は、「びまん性脱毛症に効果が大きい商品」を使わなければ全く意味がないという事になるのです。

 

つまり、

 

・加齢による女性ホルモンの減少

 

・男性ホルモンと脱毛酵素の結びつきによる影響

 

この2つによるヘアサイクルの乱れを何とかしてくれる成分が必ず含まれていないといけないのです。

 

冒頭お話したママ友は、この点がちゃんと理解できてなかったので、全く改善効果のない商品を使おうとしてたわけなのです。

 

男性用の育毛剤じゃだめなの?っていう疑問

 

疑問に思う女性

 

薄毛になる仕組みやヘアサイクルの乱れを何とかしようという目的自体は同じなので、

ひょっとすると男性用の育毛剤でもいいんじゃない?

 

そう思ったあなたは、薄毛に対する知識がどんどんついてきている証拠です!

 

私も育毛剤を選ぶ際に男性向けとして販売されている育毛剤の成分を比較してみましたが、

上記の原因を改善してくれる成分についての違いはほぼないと言ってもいいですね。

 

ただし、あくまで男性用の育毛剤は

男性の薄毛改善を目的に研究されて開発した商品

という点には十分注意しなきゃいけないと思ってます。

 

確かに薄毛になる根本的な仕組みは同じですが、女性と男性ではやっぱり違うじゃないですか。

 

例えばシャンプーなんかも同じで、男性用のシャンプー使うとかゆくなったり、カブれたりする人も多いですよね。

 

それと同じで、男性には何ともなくても肌の弱い女性が男性用の育毛剤使った場合、刺激が強すぎるという事もあります。

 

男女兼用と書かれている育毛剤なら、まだマシかと思いますが、どうしたって男性の方が薄毛の割合が多いですから男性よりの構成になってしまいます。

 

だから、私たち女性は女性の薄毛のために研究された育毛剤を使うのが長い目で見ると1番良いと思います。

 

その女性用の育毛剤の中でも、当サイトで紹介している3つの育毛剤は、

 

男性同様に薄毛の原因を改善してくれる効果が期待できる成分を含みつつも、女性の肌や女性にとっての使いやすさも考えて作られた育毛剤です。

 

元美容師の私から見ても、この3つならどれを使っても間違いないと思うものを厳選していますので、

育毛剤選びに迷っているのであれば、まずはこの中から1つ選んで使ってみて下さいね。

 
マイナチュレ

980円訴求バナー


マイナチュレの総合評価

 

マイナチュレのレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,745円+送料
●定期コースの場合 初回980円

(2回目以降は4,457円)

製品特長

●厚生労働省も認めた充実成分
●サラサラべたつきのない使用感
●毛髪診断士の相談サポートあり
●全額返金保証180日(6ヶ月間)


マイナチュレのポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
女性用育毛剤としては、現在唯一、発毛への有効成分と言われるM-034という海藻成分が入っているのがマイナチュレです。

抜け毛や弱っている髪を元気にする事だけでなく、既に抜け落ちてしまった毛穴から新たな髪が生えてくる働きをしてくれる育毛剤

抜け毛と薄毛対策の両方を兼ね備えた育毛剤として、また継続して続ける事を考えてもコスパも良いため総合第1位としました。


>> マイナチュレの販売ページはこちら


 

 

 
ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤


ベルタ育毛剤の総合評価

 

ベルタ育毛剤のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,980円+送料
●定期コースの場合 初回3,980円

(2回目以降は4,980円)

製品特長

●業界最大級56種類の成分量
●売上・満足度・人気度第1位(2016年統計)
●BELTA社員の電話サポートあり
●全額返金保証90日(3ヶ月間)


ベルタ育毛剤のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
年齢とともに硬化していく頭皮ケアを第一に考えて、これからの薄毛・抜け毛を予防するいう点で使うのであれば、頭皮への浸透力に定評のあるベルタはピッタリです。

ただ、すでに薄毛症状が見られている方には、やや発毛促進という点でマイナチュレより差を感じるため、ここでは第2位としました。


>> ベルタ育毛剤の販売ページはこちら


 

 

 
花蘭咲(からんさ)

花蘭咲


花蘭咲の総合評価

 

花蘭咲のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 初回2,400円

(2回目以降は7,000円)

●定期コースの場合 初回2,400円

(2回目以降は4,800円)

製品特長

●有効育毛成分「エビネ蘭」配合
●50代以降に圧倒的な支持
●全額返金保証45日(1ヶ月半)


花蘭咲のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
花蘭咲は成分量こそ、他の2つの育毛剤に比べると少ないですが、注目すべきは専門家からも認められた育毛有効成分である「エビネ蘭」というエキスが配合されていること。

CMの通販から認知度が広がっているため50代以上に圧倒的に支持されている育毛剤ですね。

成分量やサポート面で総合評価としては第3位としましたが、お試しで単発購入するにはコスパが非常に良いので、私は使ってみようかなと思っている育毛剤です。


>> 花蘭咲の販売ページはこちら


 

女性用育毛剤と同時に行うと効果が大きくなるヒミツの対策

ポイントを解説する女性

 

上記でご紹介した育毛剤は、薄毛の原因となるヘアサイクルの乱れに効果的な成分を含んでいることはお分かり頂けたと思います。

 

ただ、女性ホルモンであるエストロゲンの減少に関しては、残念ながら育毛剤では抑えることはできません。

 

初期の段階であれば、ヘアサイクルも乱れはじめたところなので育毛剤を使えば改善するスピードも早いですが、

特に40代後半からエストロゲンの減少は加速していきます。

 

そうなってくるとヘアサイクルが乱れるスピードも早くなってしまうため、

どうしても育毛剤だけでは改善まで時間がかかってしまうという問題も出てくるのが女性の薄毛の厄介なところなんですね。

 

ただ、エストロゲンの減少って生活環境を改善すれば復活するってものではなくて、そのままだと減っていく一方です。

 

そのため、意識的に減ってしまったエストロゲンを何かで補っていかなければならないのです。

 

では、このエストロゲンに代わる物は果たしてあるのか?

 

実は、エストロゲンに似た働きをする成分として、大豆イソフラボンの有効性が確認されています。

 

この大豆イソフラボンが多く含まれる食品としては、納豆、豆乳、豆腐といったいわゆる大豆製品です。

 

こうした食品を意識的に多く使った食生活を取り入れるのもいいですが、効率的で続けやすいのは大豆イソフラボンのサプリを飲むのが手っ取り早くて私のような面倒くさがりにはおすすめです。

 

ただ、最近この大豆イソフラボンに代わる、すごいものを見つけちゃったんですよね。

 

それは、プエラリアミリフィカという成分。

 

これ、なんと大豆イソフラボンのおよそ40倍ものイソフラボンが含まれています。

 

現在はバストアップやボディケアサプリとして注目されていますが、むしろ40代後半といったエストロゲン減少が多くなった人が飲むべきなんだろうなと私は感じています。

 

ただし、大豆イソフラボンにしてもプエラリアにしても過剰摂取は、逆にホルモンバランスを崩す原因となるので、そこは注意しましょう。

 

このように女性の場合は、エストロゲンを補うサプリを併用することによって、育毛剤本来のパワーを最大限発揮できるようになることも覚えておいてくださいね。


病院で薄毛治療を行おうと思っているなら知っておくべき副作用の話

 

ここまでは自分で育毛剤やサプリを使って薄毛対策をするという事について話をして参りましたが、

この他にも病院に行って薄毛治療をするという選択肢もありますよね。

 

男性に比べると薄毛治療専門のクリニックの数は圧倒的に少ないですが、

「美容外科、美容整形、美容皮膚科」と名前のついている病院やクリニックでは、薄毛治療も診療項目として扱っている所が多いです。

 

じゃあ具体的に、薄毛治療ってどんな事をしてくれるのでしょうか。

 

女性の薄毛治療は外用薬と内服薬が基本となっています。

 

分かりやすく言うと医療用の育毛剤とサプリになりますが、それぞれどういった特徴があるかについて以下で解説します。

 

女性の薄毛治療に使われる外用薬(育毛剤)

 

外用薬には主にミノキシジルかパントスチンという薬が処方されます。

 

ミノキシジルは元々、高血圧の薬として開発された薬ですが、その副作用として多毛症が発見されたことから脱毛薬としての改良がされた薬です。

 

男性の薄毛治療でも一般的な薬ですが、発毛効果の高い成分である一方、

頭髪以外の多毛症、ニキビ・肌荒れ、心臓への負担などの副作用があり、女性は特にその影響を受けやすいことから、男性に比べるとミノキシジルの量は少なく処方されます。

 

一方、パントスチンはアルファトラジオールが有効成分で、脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)という物質を抑える働きをしてくれます。

 

ミノキシジルのような強い副作用はないため、女性に処方される事が多いですが、アルコールも含まれているため、肌の弱い人は頭皮のかゆみや炎症を伴う場合もあります。

 

女性の薄毛治療に使われる内服薬(サプリ)

 

内服薬は、これまで女性向けのものがありませんでしたが、

女性専用のパントガールという飲み薬が開発されてから、外用薬とセットの治療が一般的になりました。

 

パントガールは今のところ副作用の例がない薬として世界的にも注目されている薄毛治療薬です。

 

ちなみに、男性に処方される代表的なAGA薬であるフィナステリド(プロペシア)は胎児に影響が出たり、肝機能障害などの強い副作用が出るため、女性には禁止されています。

 

病院やクリニックで女性がプロペシアを処方されることはありませんが、最近では個人輸入という手段で購入するルートもあるため、

女性はフィナステリド(プロペシア)を絶対に使っちゃいけない

 

ことは知識として覚えておいてくださいね。

 

 

 

まとめを説明する女性

 

このように薄毛治療で処方される外用薬と内服薬は、

医薬品として効果は認められていますが、その分副作用のリスクがあることがお分かり頂けたと思います。

 

さらに、薄毛治療は保険適用外なので自由診療となってしまうことから費用も高いです。

 

病院によって異なりますが、外用薬のパントスチンと内服薬のパントガールは1ヶ月あたり、それぞれ1万円〜1万3,000円程度します。

 

さらに診察料、血液検査などの費用もかかってくるので、だいたい月2万5,000円程度は見ておく必要があります。

 

薄毛がかなり進んでしまっている状態であれば、その費用に見合う価値があるかもしれませんが、

薄毛や抜け毛が気になりはじめた段階であれば、費用対効果と副作用のことを考えるとリスクは大きいと言わざるを得ません。

 

そういった面では私が厳選して紹介した3つの育毛剤は、どれも天然成分由来なので医薬品のような副作用の心配はほぼありません。

 

薄毛対策をこれからスタートするのであれば、

まずは期待できる効果が大きくて副作用のない、この育毛剤を使っていきましょう。

 

 
マイナチュレ

980円訴求バナー


マイナチュレの総合評価

 

マイナチュレのレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,745円+送料
●定期コースの場合 初回980円

(2回目以降は4,457円)

製品特長

●厚生労働省も認めた充実成分
●サラサラべたつきのない使用感
●毛髪診断士の相談サポートあり
●全額返金保証180日(6ヶ月間)


マイナチュレのポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
女性用育毛剤としては、現在唯一、発毛への有効成分と言われるM-034という海藻成分が入っているのがマイナチュレです。

抜け毛や弱っている髪を元気にする事だけでなく、既に抜け落ちてしまった毛穴から新たな髪が生えてくる働きをしてくれる育毛剤

抜け毛と薄毛対策の両方を兼ね備えた育毛剤として、また継続して続ける事を考えてもコスパも良いため総合第1位としました。


>> マイナチュレの販売ページはこちら


 

 

 
ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤


ベルタ育毛剤の総合評価

 

ベルタ育毛剤のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 5,980円+送料
●定期コースの場合 初回3,980円

(2回目以降は4,980円)

製品特長

●業界最大級56種類の成分量
●売上・満足度・人気度第1位(2016年統計)
●BELTA社員の電話サポートあり
●全額返金保証90日(3ヶ月間)


ベルタ育毛剤のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
年齢とともに硬化していく頭皮ケアを第一に考えて、これからの薄毛・抜け毛を予防するいう点で使うのであれば、頭皮への浸透力に定評のあるベルタはピッタリです。

ただ、すでに薄毛症状が見られている方には、やや発毛促進という点でマイナチュレより差を感じるため、ここでは第2位としました。


>> ベルタ育毛剤の販売ページはこちら


 

 

 
花蘭咲(からんさ)

花蘭咲


花蘭咲の総合評価

 

花蘭咲のレーダーチャート

 


価格(税抜き)

●単発購入の場合 初回2,400円

(2回目以降は7,000円)

●定期コースの場合 初回2,400円

(2回目以降は4,800円)

製品特長

●有効育毛成分「エビネ蘭」配合
●50代以降に圧倒的な支持
●全額返金保証45日(1ヶ月半)


花蘭咲のポイント解説

育毛剤のポイントを説明する女性
花蘭咲は成分量こそ、他の2つの育毛剤に比べると少ないですが、注目すべきは専門家からも認められた育毛有効成分である「エビネ蘭」というエキスが配合されていること。

CMの通販から認知度が広がっているため50代以上に圧倒的に支持されている育毛剤ですね。

成分量やサポート面で総合評価としては第3位としましたが、お試しで単発購入するにはコスパが非常に良いので、私は使ってみようかなと思っている育毛剤です。


>> 花蘭咲の販売ページはこちら